忍者ブログ
麻亜里を応援しています。 タイトルの"Stock"は、麻亜里を花にたとえるなら ストックかな。という感じで付けてみました。 花言葉は「未来を見つめる、努力、思いやり」
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ

麻亜里 まありズム Maarism(DVD) ◆20%OFF!
1月16日発売!





【予約】 麻亜里写真集「まありズム Maarism」 1月17日発売!





麻亜里14歳 いざない
こちらは2年前に発売された1stDVDです。




BOMB (ボム) 2008年 02月号 [雑誌]

今月発売される麻亜里の写真集やDVD、19日にスタートする新番組の関連記事が掲載されています。
詳しくはこちら





BOMB (ボム) 2008年 01月号 [雑誌]

今月発売される麻亜里の写真集、DVD関連記事が掲載されています。
詳しくはこちら。


LOOPプロデュースDVD「手づくり三部作」にミルキーガールズ(麻亜里、川原真琴、石井琴里)の音声解説が付いた、
「解説付手づくり3部作」DVDがリリースされました!

実録!呪われたUFO体験~Xファイル~



全5作品のうち「ナイト・ウォッチャー」という作品に麻亜里が出演しています。

DVD「となりの801ちゃん」



麻亜里は、主人公のチベ君の妹役で出演しています。
最新コメント
無題(返信済)
(05/28)
無題(返信済)
(01/16)
(06/16)
(12/12)
無題(返信済)
(08/29)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
密偵K
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Others
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラゴンボート01

昨日行ったスポーツイベントというのは、お台場で開催された「ボンドカップ・東京ドラゴンボート大会2007」でした。 ボンドカップなので、でっかいボンドが(笑)

ドラゴンボート02 ドラゴンボート03
友達のいるチームはそれぞれ健闘してましたが、強いチームもたくさん出てきてるので上位に入るのは中々難しかったようです。

ドラゴンボート04 ドラゴンボート05
友達の知人や後輩君たちのチームも入賞したり優勝したりと結構頑張っていました♪「お疲れさま」と「おめでとう」という言葉を、1日でこんなにたくさん言う日ってあまりないから、どっかで間違っておめでとうって言ってたりするかも。でも、おめでとうだから大丈夫ですよね?(笑)

参考リンク
日本ドラゴンボート協会
PR
☆ファッションショー
出演者全員のファッションショーはステージが小さく、ランウェイもないのであっという間に終わってしまいましたが、スペースをフルに使って見せてくれたのでそれなりに楽しめました。JAM PIXYのProductsで紹介されてるのとはちょっと違ったポップな感じの着こなしをされてる方が多かったように思います。

☆ライブ
デビューアルバム『first 9』から、黒チーム(?)が『cotton candy』、白チーム(?)が『悲しみはいつか羽になる』、全員でオーディションの課題曲にもなっている『パレード』の3曲を歌ってくれました。ちょっと緊張されてるような方もいましたが、それなりの水準で楽しめました。3曲の中では『悲しみはいつか羽になる』が結構好きな感じでした。で、曲名を確認してたら作曲が堂島孝平さんだったので何となく納得してしまいました(笑)

☆トークショー
ライブ後に下垣さんが残り、菅澤さんが登場してお喋りをしました。今回の衣裳は、皆さんが自分でショップへ行ってコーディネートしたということで、それぞれのファッションのポイントを解説してくれましたが、ネックレスが・・・とか言われても全然見えないのでよく分からなかったです(笑)あとはおはガール時代の思い出なんかも少し話してくれました。さすがに『まあり』の名前は出てきませんでしたが、話を聞きながら、麻亜里は本当に幸せな2年間を過ごせたんだななって思ってちょっとウルウルしちゃいました(^^;;
その後全員登場して、3人位からファッションのポイントを聞いて30分のステージが終了しました。

☆公開オーディション
1.登場
2.自己紹介と自己アピール
3.歌の審査
4.審査員による質疑応答

どれも大切ですが、登場する時に表情の硬さの目立つ子が多かったような気がします。知らない人や審査をする方を前に凄く緊張すると思いますが、その緊張をほぐし、自分の力を出すためにもステージへは『ニッコリ』して出て行く事が大切だと思います。
歌に関しては元気に歌える子はそれなりに良いとは思いましたが、逆にあまり上手ではないように思える子の中にもレッスンをしていけば伸びるんじゃないかなと思える子がいたので、その場での上手下手はあまり関係ないような気もしました。課題曲の『パレード』はサビの部分とかその前のブリッジの部分が何気に難しいので、自分の声域に合った歌を選んで聴いて貰うのも良いかもしれません。
質疑応答は、緊張してしゃべれなくなる子もいましたが、その場合は審査員の方が上手に話を引き出してくれるので、しゃべるのは苦手という方でも心配はいらないと思います。あと特技を披露するチャンスもあるので、エントリーシートや自己紹介の時にアピールしておくのも良いかと思います。

オーディションを受ける方がここを見る確率は少ないでしょうが(笑)、何かの参考になれば幸いです。

以上、簡単ですが『Jクラス劇団 公開オーディション』のレポートでした。
※お得なチケット情報が一番下に載っています。

先週の15日にキャラメル恒例の(?)ブログライター招待企画があって(取材の様子はこちら)、時間的にも都合が良かったのでありがたく観劇させていただいてきました♪今回の劇場はお馴染みのサンシャイン劇場ではなく、僕にとっては「不思議なクリスマスのつくりかた」の映像でしか見たことのない新宿のシアターアプルでした。大きさはコンサートホールで言えば小ホールくらいの大きさで、一番後ろの席でも役者の表情が見えそうな会場でした。僕が頂いた席は18列目の上手側、PAブースのすぐ近くでした。

シアターアプル入り口

さて、前説ですが、今回はなぜか加藤さん1人でがんばっていました。しかもスーツ姿で。1人で全てを話さなくてはいけないので少し大変そうでしたが、しっかりグッズの告知をしたりグッズの紹介をしたりグッズの・・・はもう良いですね(笑)で、今回のスペシャルはキャラメルでお馴染みの「携帯チェックタイム」。この音楽が演目のタイトルと同名の有名曲に似てると言うか、似ても似つかないと言うか、これは劇場に足を運んだ方だけのお楽しみですね。終演後の取材でその裏話もちょこっと聞けたりしたんですが、それは公演終了後にでもお話しようと思います。

今回はキャラメル初の「音楽劇」と発表されていますが、音楽が演奏(またはBG)されているのは全体の5分の1程度なので、純粋な音楽劇とは言えないでしょうね。この事は加藤さんも取材の時におっしゃっていました。なので、普段ならBGとして流してしまう部分を「役者が歌う(または演奏する)」という違いを除いては普段の演目と大して変わらないと考えて良いでしょうね。とは言うものの、やはり役者さんたちが歌う(演奏する)というのはかなり興味の惹かれる部分であることには違いありません。

肝心の歌ですが、ゲストのコング桑田さんがとても魅力的な声で、歌はもちろんですが台詞の1つ1つがとても活き活きとして観ててとても気持ちが良かったです。そして、コングさんが素晴らしかった分キャラメルの役者さんたちはちょっと力量不足であると感じました。全部の歌が、ではないのですが「本人が気が付かない程度に消極的」な部分があったように感じたのが少しもったいないと思いました。発声自体は悪くはないと思うので、公演期間中にまだまだ良くなっていくような気がします。コングさんと同じ位印象的だったのが渡邊安理さん。席が後の方だったので顔がはっきり見えないということもあったのですが、一瞬大森美紀子さんが出てきたのかと思うくらい雰囲気が似ていてビックリしました(笑)

楽器を演奏する場面もいくつかありましたが、そちらはあまり印象に残っていないかな。音楽で一番大事なグルーヴ感が今1つという感じでした。皆さん長い時間をかけて準備してきてると思うので「花が咲くまでもう1歩」なのかも。コングさんを食っちゃう位の演奏ができたら楽しいだろうななんて思いました。

ストーリーは、20歳になって「とある約束を果たすために」再会したクラスメイトたちのシーンから始まり、その後すぐに小学6年生の3学期へ。その学校では6年生の最後にクラスでの研究発表をするのですが、今回の登場人物たちのクラスの選んだテーマがちょっと不思議な感じのものだったのですが、なぜかそのテーマが採用されて、最後まで拒否し続けた担任がある行動に出てしまます。そして、そのテーマ発表の時に大事件が起こり、それをきっかけに少年の1人の態度が変化しはじめ・・・。
と、ネタバレしないようにしてるので何が何だか分からないと思いますが、今までの「成井作品に出て来なかったような学校」が描かれた、ちょっと考えさせられてしまような部分もあり、特に同じような経験をされた方は、場合によっては辛いことを思い出してしまうかもしれない部分もあるような作品です。

また、菅野さんが虫好きであり専門的に勉強されたことと、湿気を好む虫と過ごす時間が多かったということなどを知らないと分かりにくいギャグも散りばめられているので、観劇前にネタバレブログはともかく、公式サイトなどで役者さんたちのプロフィールくらい見ておくと少しは楽しめる部分が増えるかもしれません。一応初めて観る方でも充分楽しめる作品だと思いますが、「キャラメルを少し知っている」ともっと楽しんで観ることができると思います。そして、もっと楽しむためには台詞を注意深く聞くことも必要みたいです。うっかりしてると幕が降りるまで肝心な事に気付かないまま・・・なんてことがあるかもしれません。

サボテンみき丸

そんな「サボテンの花」を半額で観る事ができるハーフプライス予約が始まっています。対象日時は22日(木曜日)19:00と23日(金曜日)19:00の2回です。多分開演の1時間くらい前でも大丈夫だと思うので「急に観に行きたくなっちゃった」なんて方もぜひ。
ちなみに会場はとてもホコリっぽいので、喉の弱い方、風邪気味の方などは必ずマスクを用意して下さい。どの位ホコリっぽいかと言うと開演前で舞台にうっすらと霧がかかっているような状態です(笑)また、観ている時は気が付かなかったのですが、今回の舞台は結構長くて終演は9時20分前後になります。そのあと買い物などをしているとあっという間に10時近くになってしまうので、遠方から来る方は終電の時間に気を付けて下さいね。

そうそう、初めて観に行かれる方は怪しいDVDとかは手に取らない方が吉です(笑)
今日の麻亜里は生放送があったので、3時起きだったんですが、そんなことを少しも感じさせず(ですよね?(笑))2回のイベントをこなしていました。ステージはかなり高い位置にあるんですが、シートに座った小さな子たちに、ちゃんと目を配りながら進行していく姿は「さすが、まあり」という感じでした♪

ダンスはDVDに収録されているものと、各個人の見せ場が盛り込まれたロングバージョンの2回と、後半の「キャンディミントによる特別レッスン」の時に、会場の子と一緒に2回の合計4回も踊ってくれました。イベントは2回あったので8回も踊ったことになりますが、麻亜里は他の2人より、更に更に頑張って(?)いました。何をそんなに頑張ってたかというのは「会場に来ていた人たちだけのお楽しみ」ということで・・・(笑)。

でもでも、本当にステキな時間を過ごせました。細かい傷は探せばいくらでも出てくるけど、7月29日に同じ会場でやったころより色んな意味で格段に進歩していました。なによりも、集まってくれた子たちが本当に良い笑顔で楽しんでいたのが印象的でした。麻亜里たちからは見えなかったと思いますが、保護者の方たちの所にもどって行く子たちの笑顔は本当にステキだったんですよ♪そうそう、最後の方でジャンプしてた子を麻亜里が見つけて、一緒に跳ねたり手を振ってあげたでしょ?あんな風に全身から嬉しさがあふれ出てる子が多かったような気がしました。


川原さんのブログに「OFF」ってエントリーがあったので、今日は稽古は休みだったんでしょうか。9時過ぎに仕事を終えて出てきたら雨が降ってたので、「麻亜里、ちゃんと傘持っていってるかなぁ・・・」と心配していたんですが、大丈夫だったみたいですね。今日は本当にお疲れさまでした。今夜はぐっすり寝て疲れを取って、また明日頑張りましょうね!!

>麻亜里ちゃん,イベントお疲れ様〜(●´∀`●)ノ☆
>どうだったかな。
というわけで、イベントは大成功!!だったでアリマス!報告終わりっ!!(*^-^)ゞ
いつか機会があったら、川原さんたちLOOPgirlsの皆さんにも、まありたちのステージ見て欲しいな。生身の人間のやることですから色々ありますが、本当に楽しいんですよ♪まありたちがダンスしている時に一緒に「おはっ!」ってやる「OHA体験」にも参加しちゃうと楽しさ倍増ですっ!!(笑)

そういえば、麻亜里は一足先に終わってますが、そろそろあのシーズンですね。

>琴里ちゃん,試験勉強大変そだな〜((*'□'*))
>頑張れ〜!
今週は石井さんが期末テストみたいですね。頑張って下さいね~!!
おはスタのケータイサイトがオープンしました。先週の金曜日、まありの当番の日に開設されたみたいです。現在更新されてるのはレギュラーのプロフィールと、各曜日のコーナーの先月分の紹介と、ケータイサイト限定の待ち受け(ロゴマーク)くらいですが、これからどんどん更新されていくみたいなので楽しみですね♪ ちなみに内容は今のところパソコンのサイトとほぼ同じです。なお、閲覧するのに料金はかかりませんが、通信料金がかかるので見過ぎには注意して下さいね。

おはスタケータイサイトのアドレスはコチラですっ!! http://ohast.jp/


10月25日朝6時過ぎの空
今朝6時過ぎの空です。太陽が雲の隙間を通過してる時かな、光が差し込んできてオレンジ色に染まっていました。寒い朝を暖めてくれて、元気にしてくれ て・・・まるで、麻亜里みたい♪ さてさて、スーパーライブ開始まであと30分、準備はオッケーですか?まあちゃん、頑張れ~♪♪
せっかくイオン与野ショッピングセンターへ寄ったので、昨日発売の「リズティックリボン ダンスレッスンDVD」も買ってきちゃいましたっ♪ジャスコ3階のキッズ共和国での販売価格は定価から約10%オフの900円でした。キッズ共和国にはDVDコーナーもありますが、「リズティックリボン ダンスレッスンDVD」が置いてあるのはそこではなく、レジの横、通路を挟んだ反対側にリズティックリボンと一緒に置いてあります。きれいなリボンがたくさん並んでいるので行けば分かると思いますが、見つからない時はお店の人にきいてみてね。

パッケージにはDVD本体の他に、リボンテクニックの解説と「未来の虹」の歌詞が書かれている小冊子、キラキラ輝いてきれいなオフィシャルライセンスカードが入っています。10個のテクニックをマスターするとリズティックリボンガールに認定されるから、頑張って練習してね!また、今日のイベントの前後に、会場にいるお姉さんたちがリボンテクニックを教えてくれる時間があるかもしれないので、分からないところがある人は教えてもらうと良いかもね。

そういえば、葛西のイベントの時は女の子だけじゃなくて、ケースを腰に着けた男の子がいて、とてもカッコ良かったです。今日のイベントでまありたちのカッコ良いリボンステージを観て、リズティックリボンボーイが増えたら良いね。
今回のアイドルcheck!のイベントで一番印象に残ったのは立花さんのトラの話・・ではなくて(笑)、麻亜里の歌声でした。サインの時ちょっと話しましたが、歌そのものは・・リハや練習ではうまくできてたのかな?もったいない部分が色々ありましたが、歌声は素晴らしかったです。時々声が開き気味になっていましたが、声のセンターを捉え続けることができれば改善できると思います。音程についてはピンポイントで決めようとせずに「音痴にならないように気を付ける」だけで気にならない程度まで改善できると思います。色々書いていますが、聴いていて心地良い歌声に久しぶりに出会えて本当に幸せな一時を過ごせました。

衣装の藍色の浴衣はちょっと落ち着いた感じがステキでした。MCの二人も言っていましたが赤い髪飾りも似合ってて可愛かったです。歌ってる麻亜里を生PVで応援してくれた川原さんと立花さんも一生懸命踊ってる感じが微笑ましかったです(笑)。
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]